BLOG OF ALL

みんなのブログ♪ ジャンルは問わず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フレームの勉強 ②

BikeFrame28ja292.jpg

■フレームの設計■

■トップチューブ長
ヘッドチューブの芯からシートチューブの芯までのトップチューブの長さ。略して『トップ長』と呼ぶ事もある。ロードバイクの適正サイズを選ぶ上でこの数値が最重要となる。ただし最近のスローピングフレームはトップチューブ自体が水平でないので選択には注意を要する。しかしながら、たいていのメーカーには実際の長さの実質トップチューブ長とホリゾンタルフレームに仮想して計算上出した仮想トップチューブ長を併用に記載してある事が多い。

■シートチューブ長
シートチューブの長さ。ほとんどの自転車の適正サイズを選ぶ上で最重要な数値。この数値を誤ると、極端に大きくて足を着くたびにトップチューブと股がカチ合い、痛くて乗れないようなサイズのもの、逆に小さ過ぎてサドルピラーを一杯に上げても膝が伸び切らず、走る事が出来ない様なサイズのものを選んでしまう事になる。長さの表記方法には2種類ある。

C-C(センター - センター):ボトムブラケットの中心~トップチューブとの接合点まで。別名「芯・芯」。
C-T(センター - トップ):ボトムブラケット中心~シートチューブの天辺まで。別名「芯・トップ」。
またスローピングフレームではホリゾンタルフレームに換算して出した計算上の仮想シートチューブ長が表記される事もある。

ホリゾンタルフレームにおいてC-T(センター - トップ)の長さは、(靴底の厚さを考慮して)乗車に用いる靴を履いた状態の股下から250mm 引いた長さが一般的な目安とされる。

■ヘッド角・シート角
乗り心地(セルフステア特性)を決定する数値。ヘッドアングル、シートアングルとも呼ぶ。軽快に走る用途のロードバイク、スポルティフで72-75度、未舗装路の上り坂を考慮した車種マウンテンバイク、ランドナーなどで70-72度、実用車など最適乗車速度の小さい用途の車種は68度程度が多い。上述のように用途によって最適なヘッド角・シート角が異なってくるが、一般的なスポーツサイクルにおいては72-73度程度のヘッド角・シート角が扱いやすく最も基本的なヘッド角・シート角である。ヘッド角が大きい (ヘッドチューブとフロントフォークが立つ) ほど、機敏な操作が可能になるが安定性がなくなり、ヘッド角が小さい (ヘッドチューブとフロントフォークが寝る) ほど、安定感は増すが操作が鈍重になる。

■ホイールベース
直進安定性を決定する数値。数値が短いと機敏な動きが可能になり、長いと直進安定性が増す。競輪などで使われるトラックレーサーは短かめ、ランドナー、スポルティフは長めに出されている。

■BB下がり、ボトムブラケットハイト
車体の重心の高さを決める上で重要な数値。BB下がりはハンガー下がり、ハンガードロップ、ボトムブラケットハイトはBB高、ハンガー高とも呼ぶ。BB下がりとボトムブラケットハイトは相補的な関係にある。ボトムブラケットの位置が低いと低重心になり安定するが、低すぎるとカーブを曲がった時にペダルが地面に当たり転倒する危険性が出てくる。ボトムブラケットの位置が高いとオフロードでの走破性が高くなるが、高すぎると左右に不安定になる。BB下がりの値は絶対的なものではなく、車輪の径によって相対的に変化する。700Cではだいたい65-75mmほどに設定され、小径になればなるほどこの値は下がっていく。車輪が16インチ以下になると場合によってはマイナス(BBが前輪後輪軸よりも高くなる)になる。

■チェーンステイ長
加速の機敏さを決定する上で重要な数値。この値が短ければ短いほど加速の切れがよくなるが、あまりに短いと車体が不安定になり、また短すぎると後輪のタイヤの選択が限られる、または後輪自体が装着不能になってしまうので、数値の設定には限界がある。車輪径によって相対的に数値が変化し、700Cではギリギリまでつめるか、シートチューブを変化させてチェーンステイ長を限界まで短くする例もあるが、650C以下のフレームでチェーンステイ長を限界まで詰めると車体が不安定になる。

■オフセット
ヘッドチューブの角度に沿って下に延長させた位置からフロントフォークがどれだけ前に出ているか調べた数値。この数値が大きいと振動衝撃に優れると言われている。また少ないと機敏なハンドリングとなる。主にロードバイクとランドナーに表記される事が多い。また市販のカーボン製フロントフォークにもこの数値は必ず表記されており、だいたい43-45mmくらいで設定されている。

以上、Wikipediaより引用
  1. 2008/03/12(水) 21:09:42|
  2. sd
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<concor | ホーム | フレームの勉強 ①>>

コメント

>saccoさん
コメントありがとうございます!
そして、お勉強お疲れ様です。
C-T C-Cはチャリのサイズになりますから、覚えておいて下さい♪
  1. 2008/03/13(木) 22:02:36 |
  2. URL |
  3. sd #-
  4. [ 編集]

お勉強しました~!
CTとかCCとか最初はなんのことかサッパリ。
  1. 2008/03/13(木) 02:08:27 |
  2. URL |
  3. sacco #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blogofall.blog103.fc2.com/tb.php/238-c7835bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

blog of all

Author:blog of all
Welcome ■blog of all■
仲間みんなでBLOGやってます。

Access Counter

Most Recent Entries

Most Recent Comments

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。